基本情報


『リンダキューブ』(Linda³)は1995年10月にNECホームエレクトロニクスより発売されたPCエンジン SUPER CD-ROM²用コンピュータゲーム及びその他機種への移植を含めたシリーズである。
ジャンルは公称では「サイコスリラー&ハンティングRPG」と表記され、一般にロールプレイングゲームに分類される。
ゲームデザインは桝田省治、キャラクターデザインはカナビス、開発は株式会社アルファ・システム。


あらすじ

リンダキューブの物語の舞台はネオ・ケニアと呼ばれる地球に良く似た惑星である。惑星ネオ・ケニアは8年後、回避することが不可能な巨大隕石の落下に見舞われ、壊滅的なダメージを受けることとなる。この星に住む主人公ケンは、恋人であるヒロインリンダと共に、ネオ・ケニアが壊滅するまでの8年の間に、可能な限りの動物を雌雄一対の「つがい」で収集し、箱舟と呼ばれる宇宙船と共にこの星から脱出することとなる。


作品解説

対応機種ごとにタイトルが異なり、内容も完全移植ではなく、それぞれの機種の特色や制限に合わせてアレンジされている。ラインナップは以下の通り。
  • リンダキューブ(PCエンジン版)
  • リンダキューブ アゲイン(PS版)
  • リンダキューブ 完全版(SS版)

PS版は、PCE版から全体的なグラフィックのブラッシュアップ、アニメーション、エンディングの変更、残虐描写の規制、シナリオの追加、難易度選択などが追加されている。
SS版は、PS版をベースに動物の位置の変更、一部セリフの変更、PCE版の画像の閲覧、「国分名人に挑戦!!」 モード、サウンドトラックなどが追加されている。

特徴

A、B、Cの3シナリオ(PS版、SS版ではDシナリオを含めた4シナリオ)が存在し、それぞれ全く違うストーリー展開となる。このうち特にA、Bのシナリオは猟奇的な表現が含まれており、このためにPCエンジン版は18歳以上推奨指定で発売された。

桝田省治が公式ホームページにおいて述べている通り、『リンダキューブ』は
  • 主人公は勇者ではない
  • 魔王やそれに類する世界の脅威となる「敵」が存在しない
  • 惑星の滅亡を阻止する事が出来ない。
と言うストーリー上の特徴を持ち、一般的な(特に正統派ファンタジー系を名乗る)RPGとは全く主人公がなすべき目標が異なる。

また、システム面でも
  • 8年と言う年月はプレイヤーが遊んでいる時間の経過と共に自動的に進む(セミ・リアルタイム)。また、時が進むにつれて住民の脱出は進み、最後の年にはほとんどの住民がマップ上から姿を消してしまう。
  • 装備品や道具などは、捕獲した動物を加工して作成する。
と言う点に関しても過去に例が少なく、全体的に斬新な作りとなっている。

なお、上記のような特徴になった理由として、桝田省治は直前に係わっていた『天外魔境II』で「王道」のRPG制作に3年携わり、その「王道」を作り続けたストレスからアンチテーゼとしてリンダキューブを作ったと語っている。


リンダキューブ - Wikipediaより引用)


Comments